西日本のPCB廃棄物を北海道で… 室蘭市長が処理事業を受け入れ表明 2026年3月末までの条件で

  • 2024年7月10日
  • 2024年7月10日
  • PCB関連

北海道室蘭市の青山剛市長は、東京で伊藤環境大臣と面会し、西日本でPCB廃棄物が見つかった場合に室蘭市内の施設で受け入れ処理すると伝えました。

室蘭市・青山剛市長:「室蘭市が提示する受け入れ条件を、国が承諾する前提で同意したい」。

人体に有毒なPCB廃棄物の処理を巡っては、国は処理施設のない西日本で新たに廃棄物が見つかった場合、室蘭市内の施設での処理を要請していました。室蘭市は、受け入れは2026年3月末までとし、その後は処理事業を終了するなどの条件を示し、国は了承しました。

青山市長:「そこは守るとお約束いただいたところで、我々としてもその言葉を信用して、引き続きPCBの無害化処理に貢献していきたい」。

2024年7月9日 HTB北海道ニュース より

 

PCB関連の最新記事

>《分析依頼・ご相談窓口》

《分析依頼・ご相談窓口》

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG