切削油剤の管理

切削加工に使用する潤滑油剤の管理

切削油剤は、管理を行わなければ急速に劣化が進みます。 管理を怠れば、製作した製品を汚したり、錆(さび)を発生させたりしてしまいます。 管理のポイントは、油剤劣化につながる原因を作らないことです。

水溶性切削油剤の管理項目

管理項目 管理基準 料金
外観 著しい変化がないこと お問合せ下さい
臭気 腐敗臭がないこと
pH 9.0以上
濃度(希釈倍率) メーカーの推奨倍率±20%
生菌数(個/mL) 細菌:1000000個/mL以下
真菌:1000個/mL以下
汚れ(浮遊固形物質量) 50mg/L以下
希釈水の水質 全硬度:100mg/L以下
リン酸イオン:1mg/L以下
硫酸イオン:10mg/L以下
塩化物イオン:10mg/L以下

金属腐食試験

水溶性切削油剤の腐食性試験を行います。
 銅板・鋼板・アルミニウム板を用いて室温中・48時間で行い変色の有無を観察します。

基本的に、A1種水溶性切削油剤につきましては、1/20倍にして、A2とA3の水溶性切削油剤については3/200倍で試験をいたします。
濃度調整についてはお問合せください。

温度につきましては、原則室内で行いますが、特定の温度でご希望の際はお問合せください。

不水溶性切削油剤の管理項目

管理項目 管理基準 料金
外観 著しい変化がなく透明であること お問合せ下さい
動粘度(40℃) 新液時±30%
水分 0.1%以下
汚れ(浮遊固形物質量) 50mg/L以下
引火点(COC) 新液時±20%
密度 新液時±0.02g/cm3
銅板腐食(100℃、1時間) 新液と同等
脂肪油分量 新液時の70%以上
色相 規定なし

お問合せ

[名古屋営業所] 愛知県名古屋市守山区下志段味横堤1468-1
TEL:052-736-4111  FAX:052-736-4471

>《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG