X線透過測定

先日お客様から下記のものにPCBが使われているか調べて欲しいとのご相談を受けまし た。

 

実験に使ったようなもので、銘板も無く、何なのかが全くわかりませんでした。上下に鉛のようなネジ型のフタがされており、硬くて手ではビクともしませんでした。

この中に何が入っているのか、何かが充填されているのか、油が充填されているのか、高濃度のPCBが入っているのか、そもそもどうやって開けていいのかもわかりませんでした。

運よく万力を使わせていただく機会をいただき、万力で挟んで工具を使ってフン!っと回すと蓋が回り外すことができました。中には下の写真のような黒い筒状の物が入っていました。

 

もしこの中に高濃度のPCBコンデンサが入っていたら汚染をばらまくことになりかねませんので、X線を当てて透過写真をとることにしました。いわゆるレントゲン写真です。

当該物体のレントゲン写真が以下です。

 

いろいろと回転させてみましたがコンデンサはありませんでした。形からしてコイルということが分かりました。

よってこの物体にはPCBは使用されていないことが分かりました。

安定器等の銘板不明な電気機器はレントゲン撮影をして確認できる場合もありますので、そのような場合はご相談くださいませ。

 

測定事例の最新記事

>《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG