水溶性切削油の生菌数測定

 水溶性切削油がとても臭うので生菌測定をして欲しいとのご依頼をいただきました。どれくらいのレベルなのか細菌数を測っておきたいとのことでした。

 細菌は、腐敗の過程で悪臭を発生させます。悪臭は、作業者の作業効率を低下させたり、周囲の環境に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。

 水溶性切削油の細菌汚染を防ぐためには、以下の対策が必要です。

①油の定期的な交換
  水溶性切削油は、使用期間が長くなるほど細菌の繁殖が進みます。そのため、定期的に新しい油に交換することが重要です。

②油槽の清掃
  水溶性切削油を使用する油槽は、定期的に清掃を行います。清掃をすることで、油槽に付着した汚れや細菌を除去することができます。

③殺菌剤の使用
  殺菌剤を添加することで、水溶性切削油の細菌汚染を防ぐことができます。殺菌剤は、水溶性切削油の使用前に添加します。

 

 水溶性切削油の細菌汚染は、切削機械の故障や作業者の健康被害につながる可能性があります。そのため、水溶性切削油を使用する際には、細菌汚染を防ぐための対策を講じることが重要です。

 

 

>《分析依頼・ご相談窓口》

《分析依頼・ご相談窓口》

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG