クリーム製品のブルーライト透過率測定

クリーム製品の透過率測定のご依頼をいただきました。

ブルーライトとは、380~500nm、可視光線に含まれ、その中で最も波長が短い光です。

一般に波長が短ければ短いほどエネルギーが強い性質があります。なので、紫外線の次にエネルギーが大きい光です。

携帯電話、ゲーム機、パソコンや液晶テレビから多く放出されています。目に多大な負担をかけ、目の疲れや痛み、睡眠障害を引き起こし特に夜のブルーライトは体内時計を狂わせると言われています。なので、夜、暗い中で携帯電話を見るときはブルーライトカット性能を持った眼鏡をかけたほうがいいかもしれません。

また、目だけでなく、肌にも影響を及ぼすと言われていまして、シミ・くすみの原因となるようです。

と言っても肌に影響を与えるのは、スマホやパソコンの光よりは太陽光が主な要因ですので、紫外線だけでなく青い波長もカバーする日焼け止めか、抗酸化作用のある(フリーラジカルから肌を守る)美容液はより便利かなと思います。

 

透過率測定の最新記事

>《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG