伊豆の国市の業者が放置 PCB廃棄物を行政代執行で処分 静岡県

健康被害の恐れがある高濃度ポリ塩化ビフェニル・PCB廃棄物を、静岡県が行政代執行による処分に着手しました。

伊豆の国市の電気器具製造業「東洋コンデンサ」は法令上3月までに処分する必要があった高濃度PCBを含む照明器具用安定器「コンデンサー」5000個を、敷地内に放置したままでした。

6月8日が期限だった県の改善命令にも従っていませんでした。

コンデンサーは国が指定する施設で処理され作業にかかる費用8330万円は、業者に請求するということです。

2021年8月31日 FNNプライムオンラインより)※映像あり

 

>《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG