高圧コンデンサからの絶縁紙採取

  • 2020年9月18日
  • 2020年9月18日
  • PCB関連

 コンデンサ絶縁油のPCB濃度測定を行いたいが、採油できないとのご相談をいただきました。

 稀にこのようなお問合せをいただきます。特に油が漏れている感じはありませんでした。

 油が無いのであれば、内部の絶縁紙を採取してそれに染み込んだ油を抽出してそのPCB濃度を測ることが可能です。

 スクレーパーとトンカチで開けられる場合もありますが、今回はドリルを使って鉄板を切っていきました。

 下の写真が内部の写真です。絶縁紙がぎっしりと詰まっていましたので、数枚採取しました。目分量ではなかなかわかりにくいのですが、10mL程度染み込んでいるくらいを目安に採取しています。

採取した油を抽出したら10g程度の油が取れました。抽出に使用した溶媒を揮発させて

油だけの状態にすることができました。ここからは通常の油中分析と同じです。

切断部分はパテできれいに補修して保管します。

>《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

《分析依頼・ご相談》03-6805-6656

受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG