安定器の拭き取り試験のご依頼をいただきました。

以前にもご紹介しましたが、コンデンサが外付けされている安定器は、コンデンサを安定器本体から切り離した後、安定器本体の拭き取り試験を行って、高濃度汚染が無いかを確認します。

拭き取る紙にはノルマルヘキサンという有機溶剤で湿らせた脱脂綿等で表面を拭き取ります。

ノルマルヘキサンは脂溶性で、油を溶かしやすいです。逆に言えば、油に溶けやすい溶剤です。

なので、拭き取るときは直接手で触ると、体内に吸収されやすいのでよくありません。ゴム手袋を必ず着用して拭き取ります。

揮発性も高いので、数が多いとき等は、風通しを良くし、空気がこもりやすい状況での使用は避けます。

また、拭き取り試験は、100㎠あたりのPCB付着量を算出しますので、個々の拭き取った面積を測っておく必要があります。

お客様ご自身での採取も可能でございますが、ご自身では難しいようでしたら弊社社員が採取することも可能ですので、お問合せください。