稼働中変圧器の絶縁油の採油の依頼を受け、採油してきました。

電気設備の保安管理業務を行っている電気主任技術者さんに電気を止めてもらい、検電棒等で安全を確認してもらってから、変圧器の四隅のネジを外して中の絶縁油を採油しました。

以前にも述べましたが、碍子を傷つけないように注意して開ける必要があります。

フタの上面が汚れている場合は、フタを空けたときにホコリが内部に入ってしまうことがありますので、事前に清掃します。

内部が負圧になっていたり、フタの裏側のゴム・シーリングが本体とくっついて取り外しにくい場合もありますので、その時はバール等を使いながらゆっくりと開けていきます。

後はフタを少しずらして、スポイトで採油してビンに入れます。

キュービクル内外には色々な配線がありますので、切ったりしないように注意が必要です。

採油が難しい場合は、弊社の社員が採油することも可能ですので、お問合せくださいませ。