変圧器絶縁油分析のご依頼をいただきました。

今回は、ガス分析、フルフラール分析、性状特性4項目(体積抵抗率・全酸価・体積抵抗率・水分)です。

絶縁油ガス分析は、使用続けていると、変圧器の内部からたくさんのガスが絶縁油に溶解してきます。メタンやエタン等の9種類のガスの分析行い、その濃度のから状態を判定する方法です。

下記は各ガスの発生とその要因と言われる現象をまとめた表です。

    ガスの種類 発生要因
分析対象ガス   酸素(O2) 空気の侵入
窒素(N2)
二酸化炭素(CO2) 絶縁紙の熱分解

 

可燃性ガス 一酸化炭素(CO)
メタン(CH4) 絶縁油の低温過熱
エタン(C2H6)
エチレン(C2H4) 絶縁油の中高温過熱
アセチレン(C2H2) 放電等の電気的異常,高温熱分解
水素(H2) 絶縁油の放電,熱分解

 

 

参考ページ
変圧器劣化診断