変圧器絶縁油分析のご依頼をいただきました。

今回は、水分と界面張力を測定して欲しいとのことでした。

絶縁油の水分値が上昇してくると絶縁破壊電圧が下降してくる傾向があります。

また、界面張力の低下や酸価値の上昇はスラッジが発生しやすくなりますので、油の劣化やスラッジ発生の目安になっています。