変圧器絶縁油の分析依頼をいただきました。

今回は絶縁油中のガス分析のご依頼でした。

変圧器を使用すると内部過熱や放電により、メタンやアセチレン等、実に様々なガスが発生します。

その発生ガスの中でも水素、メタン、エタン、アセチレン等の数種類の炭化水素ガスに着目し、それを測定することによって、各成分の濃度や比率から変圧器内部の状態を把握することができます。

正常なのか、注意を要する段階なのか、異常状態にあるのかを診断します。

参考ページ
変圧器劣化診断