去る11月7日(木)に公益社団法人石油学会主催の第5回絶縁油分科会後継者育成講習

会が開催され、参加してまいりました。思った以上に参加者が多くて、100人くらいはいたかと思います。

大きくは以下の3つのテーマの講義がありました。

・電気絶縁油概論

・絶縁油の電気器への適用

・油入機器の診断と保守管理

まず、絶縁油概論から始まり、絶縁油の分類、性質、海外での動向、今後の課題等の講演がありました。

次に午後から絶縁油の電気機器への適用の講義がありまして、変圧器の構造、PCB含有電気器の規制、エステル絶縁油、腐食や劣化のお話がありました。

講義の最後としまして油入機器の診断と保守管理の講義がありました。JISやASTM、IECの基準のお話がありました。外国の基準も紹介いただきとてもためになりました。

その他、採油方法や機器測定の説明でした。今年の9月にエステル系絶縁油のJIS規格も出版されましたので、管理の指針として広く活用されるのではないかと思います。

今回初めての参加でしたが、非常に有意義な内容でたくさん勉強させていただきました。日々知識を取り入れ、ブラッシュアップして得た知識をお客様に還元できますよう、精進して参ります。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。