約200個の蛍光灯安定器を収納するためのドラム缶についてのお問合せをした際に、減容化のお話を伺い、保管している安定器の半分以上が減容化可能なタイプであることが分かりました。

低濃度PCB廃棄物としての処分の段取りが増えますが、当初予定していたトータル費用と比較すると大きくコスト削減できることが分かりました。

色々ご教授いただきまして、ありがとうございました。

今後、容器の注文やPCB分析の件、どうぞ宜しくお願い致します。