変圧器絶縁油分析のご依頼をいただきました。今回はガス分析と特性試験として絶縁破壊電圧と全酸価試験です。

変圧器内部では一酸化炭素やメタン等のガスが発生しており、それが絶縁油に溶解しています。内部に異常があると、それらの濃度が上昇してきます。各成分の濃度の割合から過熱や放電等の種類を特定することができます。

今回の試料は特に異常はありませんでした。

年に1回の自家用工作物の法定点検に合わせて絶縁油を採油して、化学的に変圧器の現状を把握することもお勧めいたします。